花田彬弘の気ままな世間話。

50才を過ぎた私が、日々の暮らしを綴るブログに挑戦いたします。

ことし7月の記録的な豪雨で大きな被害を受けた大分県日田市の天ヶ瀬温泉で、県外から移り住んできた夫婦が被災した人たちを支援しようと、食料品などを販売する商店をオープンしました。続きを読む

花田彬弘からです。
 先月8日、公道上でビラを配布していた都立高校生が、近くの目黒区立第九中学校の高橋秀一副校長(55)に「私人逮捕」されるという事件があった。現場は目黒区立第九中学校の校門から約50m程度離れた住宅街の公道上で、高校生はビラで同校の近隣にある都立小山台高校(東京・品川区)の水泳授業のあり方を問い、生徒自治組織の設立を呼び掛けていた。高校生は7月28日に処分保留で釈放されたものの、20日間にわたり勾留された。

 勾留状によると、高校生の容疑は「公務執行妨害」。高校生は目黒区立第九中学校の高橋秀一副校長(55)にビラ配布を注意されたため、携帯電話で動画を撮影。その際に高橋副校長を携帯電話で殴打したとされる。警視庁碑文谷警察署の松本俊彦副署長によると、午前8時ごろに高橋副校長が高校生を「私人逮捕」し、午前8時50分ごろ駆け付けた碑文谷警察署員に引き渡したという。

 しかし現場で高校生が撮影した映像からは全く違う実態が見えてきた。映像では「ソーシャルディスタンスを保ってください」と後ずさりする高校生に急速に身体的距離を詰めていく高橋副校長の様子や複数の教員らが高校生を取り囲むような様子が記録されている。

 また、高校生は自身が高橋副校長を殴打したとされる瞬間の映像も撮影している。映像では高橋副校長は高校生の携帯電話を手で遮りながら複数の教員とともに、後ずさりしている高校生に自ら近づいている。その後、高橋副校長が「痛ってぇ。いててて。」「触られた」「ぶたれたんだよ携帯で」などと主張し、警察に通報するまでの様子が記録されている。

取り押さえていないのに「逮捕」!?

 逮捕の状況も明らかになった。警視庁碑文谷警察署の松本俊彦副署長は「(高橋副校長が高校生を)強制して取り押さえたわけではない。」と述べ、警察官が駆けつけるまでの間、高橋副校長が高校生の身体を取り押さえていなかったことを明らかにした。松本副署長は、記者に高校生が自発的意思で現場にとどまっていた可能性を指摘されると、「とどまってたんですね。だからね。」と述べ、高校生が逃亡するわけでもなく、現場にとどまっていたことを認めている。これが果たして「逮捕」と言えるのかと問うたところ、松本副署長は物理的に取り押さえていなくても「私人逮捕」になるとの見解を示した。

 高校生は20日間勾留されたが、高橋副校長がどのような「注意」をしていたのか、何故学校の外を巡回していたのか、警察は全く把握していなかった。松本副署長は、高橋副校長が私人逮捕直前にどのような「注意」をしていたのかについて、「それは本人に聞いてください。わかりません。」「注意をしていたという事実しか聞いてないんですね。」と述べたほか、高橋副校長が校門から4,50mも離れた場所を巡回していたのかについて、「学校警戒じゃないですか?」と推測するにとどまっており、事件発生前に何が起こっていたのか把握していないようだった。(引用:ISJニュース)


ビラの内容次第ですが、学校側の横暴な気がしてなりませんね。

 声優の安済知佳(29)が1日、自身のインスタグラムを更新し、結婚したことを報告した。

 ファンに向けて「いつも沢山の応援、本当にありがとうございます! 私事で大変恐縮ですが、結婚いたしましたことをご報告申し上げます」と報告した安済は「これからもさまざまなことに挑戦しながら、皆様と楽しい時間を過ごせるように精進いたします。また色んな機会で、たくさんの素敵な感情を共有しましょう! これからも宜しくお願いします」とつづった。

 安済は、福井県出身。アニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』菅原新菜役、『響け! ユーフォニアム』高坂麗奈役、『ぐらんぶる』古手川千紗役など、数多くの作品に出演している。 (引用:ORICON NEWS)

最近この手の話題が増えましたね。
喜ばしいことです。

↑このページのトップヘ